ホワイトニング溶液とLEDライトによる光触媒の仕組み

2020/02/20 ブログ

ホワイトニング溶液とLEDライトによる光触媒の仕組みをご紹介します。

 

ホワイトニング溶液には酸化チタン、酸化タングステンが配合されています。それらにLEDの光があたることにより光触媒の効果が発生します。

★汚れ分解

★殺菌

★抗菌

★消臭

★コーティング

★ステイン除去

食生活などにより歯の表面に着色や汚れが溜まった状態

ホワイトニング溶液(酸化チタン、酸化タングステン)にLEDの光が当たることにより光触媒効果が生まれ、着色や汚れを浮き上がらせます。

浮き上がった汚れ等を歯ブラシで洗浄します。お口をゆすぐだけでも良いです。

着色や汚れを除去し、本来の自然な白さにへ導きます。また、殺菌・抗菌・消臭・コーティング効果も得られ、歯の表面がツルツルに美しくなります。

この光触媒を利用したLED光デンタルホワイトニングで、本来の自然な歯の白さを取り戻すことができます。歯の白さは清潔感につながり、周囲からのイメージアップにつながるでしょう♪(効果には個人差がございます。)